アンティークな家

輸入住宅で知っておくこと

洋な家

最近話題の輸入住宅。おしゃれで外観もきれいな感じもしますが、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
輸入住宅の多くは、北米や北欧から材料を輸入したものが多く、寒い地域ならではの高断熱性が特徴になっています。工法は2×4工法が基本で、間取りも広く使うことができ、壁がしっかりしており、高気密・高断熱となっています。
輸入住宅のメリットとしては、何といっても日本にはないデザイン性だと思います。女性の好むアメリカン、北欧スタイルやプロヴァンス風や男性の好むアメリカンスタイルやイングリッシュタイプなど様々なものが用意されています。また、地震にも強く、耐久性も高いと言われています。
輸入住宅のデメリットとしては、やはりメンテナンスの面です。地元の大工さんにお願いするのは難しく、担当の業者さんが撤退した場合などのメンテナンスは対応してくれる業者さん探しに困る場合も考えられます。また、デザイン性重視のあまり、内装もそれに合わせなければならず、価格も高くなりがちです。
輸入住宅が日本に入ってきてまだ間がありません。業者さんはもちろん、実際に住んでいる方からいろいろな情報を集め、判断することをおすすめします。