アンティークな家

PICK

洋な家

輸入住宅で知っておくこと

最近話題の輸入住宅。おしゃれで外観もきれいな感じもしますが、どんなメリットやデメリットがあるの…

カントリーな家

輸入住宅のメリットとは

マイホームはとても大きな買い物です。ですから外観だけでなく内装にもこだわりたいですし、自分の理…

輸入住宅を建てるメリット・デメリット

白い家

これから家を建てようと思っている人の中には輸入住宅を建てようと思っている人もいるかと思います。ですが、実際に輸入住宅を建てるとなると心配になる人もいるかと思います。それはどうしてかというと、憧れだけで輸入住宅を建てるのもどうかと思う人が多いからです。
また輸入住宅を建てるメリットとデメリットについてもよく分かっていないというのも不安になってどうしようか迷う材料になっています。では、実際に輸入住宅を建てるとどういうメリットがあるのかというと、それは明らかに日本の家屋と違うので誰かを家に招いた時に家を自慢できるというのがあります。また家の自慢をしなくても来た人が明らかに普通の日本の家屋と違う事に気づいて勝手にすごいと思ってくれます。それが輸入住宅を建てる一番のメリットである言えます。
では輸入住宅を建てるでメリットはどういうのがあるのかというと、それは輸入住宅を建てれば想像以上に高い費用が必要になります。その点だけは間違いないので安易に輸入住宅を建てるのはおすすめしません。ただ、普通の日本の家屋を建てるよりはおしゃれな輸入住宅を建てたいと思っている人で資金的に余裕があるなら輸入住宅を建てるのも良いと思います。

輸入住宅の特徴と魅力とは?

近年人気の高い輸入住宅ですが、輸入住宅にはどのような特徴や魅力があるのでしょうか?
輸入住宅は、北欧・北米の建物を参考に取り入れ、海外の部材を使用して、海外にある建物の外観になっていることが特徴であり、設計には海外の設計思想がベースとなっています。
海外の設計思想とはどのような特徴があるのでしょうか?その特徴とは、強度が高いことと、設計にゆとりがあることが挙げられます。そのほかにも、家族との触れ合いを大切にした空間の間取りや、デザインのみならず機能性についてのこだわりがあります。輸入住宅を選択する際に、どの国の住宅にするかにより、外観の特徴は大きく変わりますが、外観のみにとらわれずに、内装、機能面でもじっくりと比較することをおすすめします。
輸入住宅は、優れた断熱性や気密性があることも特徴です。夏は涼しく、冬は温かく、季節を問わず、快適に過ごせることも大きな魅力と言えるでしょう。また、輸入住宅の多くは「2×4工法」を取り入れているので、高い耐震性能があるため安心して暮らせます。
湿度の高い日本では、使用される木材が腐るのではないかという懸念がありますが、海外で建てる場合と同じ施工ではなく、結露を防ぐ施工など日本の気候に合う施工がされているので安心です。もちろん、日本人の生活に合わせて、靴を脱ぐことを前提にデザインされていますので、輸入住宅といっても、畳の部屋を作ることもできます。

潜入!輸入住宅の魅力

先日友人がカナダの輸入住宅を建てたので新築祝いで訪問してきました。私の周囲で輸入住宅で家を建てた友人は初めてなのです。興味津々で訪問しましたが到着するなりカルチャーショック!その圧倒的存在感です!
まず外観が可愛く、緑の屋根にこげ茶の壁、まるでケーキ屋さんのような外観です。平屋なのに大きい!後述しますが周りの2階建て民家と同じくらいの大きさです。駐車場が広い!これは敷地が広いからですね・・・。エントランスを登り玄関へ入ると・・・って、なんで玄関高いんだ?ってこの時は思いました。そうなんです、カナダの輸入住宅だから雪対策、防寒で基礎から高く作ってあるんです。友人に説明されるまで気が付きませんでしたがリビングへ入ると隣の家の1.5階部分にいる感じです。窓もすべて2重サッシになっていて部屋がとにかく暖かい、天井がとても高いんですけど気密性が高いのでとにかく暖かかったです。
各部屋の壁紙はコンセプトによって色分けされていて奥様の部屋はピンク、旦那様の部屋はブルー、お子様の部屋はエメラルドグリーン、リビングはクリーム本当に素敵な空間でどこかリゾートホテルに来てるみたいで時間を忘れてリラックスしてきました。その他、バスルーム、トイレすべてにおいてこだわりの作りで一生ここで過ごしたい!って思ってしまいました(人の家ですけどね)。いつか自分もこんな家を建てられたら、と思った素敵な一日でした。

輸入住宅は魅力満載

生活を行う上で住宅は欠かせない存在となっており、全ての拠点となっています。そんな住宅もその国ならではのデザインや技術によって建設されており、日本にも独自の住宅が数多く点在しています。しかし近年、住宅を購入される方の中には海外の住宅となっている「輸入住宅」を検討される方が増えてきています。それは日本住宅には観られない魅力が満載となっているからです。魅力満載の輸入住宅についてご紹介します。
まず輸入住宅の特徴は、ほとんどが広い間取りにて建設されている事です。日本住宅の多くは、生活に支障が無い程の間取りにて建設されています。しかしサイズの大きい家具を配置したりしてしまうと、部屋が狭くなってしまう可能性もあります。また子供が多い家庭においては、室内で走り回ったりするのが困難となってしまい充分な満足感が得られない事があります。
でも輸入住宅はサイズの大きい家具を配置しても狭くなる事はほとんどありませんし、部屋だけでなく廊下も広い事で走り回る事も可能となってきます。またリビングが広い事で家族が集まり易くなっており、より一層家族の絆や輪が強まる事もあるのです。輸入住宅の広さは、家族がより幸せになれる空間となっているのです。


輸入住宅ならこちらから購入!あなたのご予算に合わせて最上の住居をご提案いたします!